クライアント事例

Cheetah Messagingの導入でCVR約140%、工数9割減を実現

auコマース&ライフ株式会社は、当初使っていたMAを「使いこなせない」という課題を持っていました。使いやすさやシナリオの拡張性という観点から2022年よりCeetah Messagingを導入し、大幅な工数の削減を実現できたといいます。auコマース&ライフでの取り組みについてご紹介します。

続きを読む "

Cheetah Messagingの導入でCVR約140%、工数9割減を実現

auコマース&ライフ株式会社は、当初使っていたMAを「使いこなせない」という課題を持っていました。使いやすさやシナリオの拡張性という観点から2022年よりCeetah Messagingを導入し、大幅な工数の削減を実現できたといいます。auコマース&ライフでの取り組みについてご紹介します。

続きを読む "

パーソナライゼーションによるロイヤルティ構築

Japan Signalsに業界の第一人者イアン・デュワー氏が日本初登壇。「データの出口戦略としての顧客ロイヤルティ」と題し、パーソナライゼーションによるロイヤルティ構築について、豊富な実例とともに紹介してくれました。本稿では、セッションのダイジェストを紹介します。

続きを読む "

ディスカウントを一切提供しないロイヤルティ プログラム

​ 顧客ロイヤルティをもっと向上させたい、でもクーポンの乱発や割引オファーは避けたい、とお考えのブランドマーケターの方も少なくないのではないでしょうか。ディスカウントに頼らずにロイヤルティを向上させることができたら、そんな夢のようなお話あるのでしょうか。新しい価値観を提供しながら若者に圧倒的な支持をもつVansの事例が参考になるかもしれません。この記事では、ディスカウントオファーを一切提供しないロイヤルティ プログラムの施策事例をご紹介します。 事例:Vansのチャレンジタイル 米カリフォルニア州に本社をおくVansはアクションスポーツ、アート、音楽、ストリートカルチャーという文化の柱を通じて創造的な表現を可能にすることをブランドの目的として位置づけています。そのようなコンセプトの元、若年層、特に10代の若者から絶大な支持を得ています。Vansでは、ロイヤルティ

続きを読む "

地域別にパーソナライズしたロイヤルティ プログラム

​ 店舗ごとに異なるロイヤルティ プログラムを実施しようと検討したことはありませんか?検討しながらも、利用中のシステム条件や設定制限で諦めなければならなかったというケースもあると聞きます。ブランドとして、特典、特典を獲得する条件、階層、などが統一されたロイヤルティ プログラムを実施されることが多いと思います。ロイヤルティ プログラムをより効果的に実施したい場合、対象地域の消費者の特性や法律・法令などによってロイヤルティ

続きを読む "

ゲーミフィケーションと特典付与でファーストパーティデータ獲得

​ ビジネスの成長や拡大を目指すにあたり、新規顧客の獲得は欠かせません。しかし、この目標をどうやって達成するかということに頭を抱えているマーケティング担当者は少なくありません。解決策のひとつとして、ゲームやアニメーションを活用したコンテンツを提供することで、施策への参加率を上げ、新規顧客の獲得に繋げていくことができます。この記事では、ゲームと特典付与を合わせた施策事例をご紹介します。 事例:Salling Group社のスピンホイール導入 デンマーク最大の小売企業であるSalling

続きを読む "

ポッドキャスト:

Scroll to Top