新しい旅行の世界へ

二度とない混乱の時期を経て、旅行者は道路、海、空に戻っています。しかし、旅行者のニーズやパターンは、それがビジネスであれ観光であれ、大きく変化しています。トラベル&ホスピタリティ業界のマーケターにとって、各顧客の好みや快適さを理解することは、かつてないほど重要になっています。

Cheetah DigitalのCustomer Engagement Suite (CES)は、旅行業のマーケティング担当者が、自動化され、かつ高度にパーソナライズされた顧客体験を簡単に作成できる、エンタープライズ規模の最善のソリューションです。ユニークなツールの組み合わせにより、航空会社、クルーズライン、予約会社、ホテル、モーテル、ホリデーインが、旅行数の増加、歩留まりの向上、補助的な収益の獲得を実現します。統一されたデータ、インテリジェントなオファー、オムニチャネルメッセージング、次世代ロイヤリティに至るまで、ライフサイクル全体をカバーする、パッケージ化されたツアーのようです。ゲストや乗客の好みを満足させることで、リピーターを増やすことができます。

旅行業界のマーケターの挑戦

顧客に起きた、不可逆の変化→

今日、あなたが顧客について知っていることは、あなたが何も知らないということだけです。この1年で、顧客の好みや優先順位は昔から大きく変わりました。態度や習慣も変わりました。新規および既存顧客(ロイヤルティメンバー、頻繁に飛行機を利用しない人、ビジネス旅行者、バケーション旅行者など)とのコミュニケーション方法を検討する際には、顧客についてのデータプロファイルが最新かつ適切であることを確認しなければなりません。

多岐にわたるタッチポイント→

旅行の購買経路はもはや直線的ではありません。旅行者は、さまざまなデバイスで複数のチャネルを利用していますが、同じ人物と認識してコミュニケーションされることを期待しています。すべてのチャネルとタッチポイントでリアルタイムに1対1のインタラクションを編成することで、顧客に「聞いてもらえている」「愛されている」「尊重されている」と感じてもらうことができます。

この肥大化したツールを使いこなして、ランディングさせる?ご冗談を→

大まじめです。私たちは、マーケターが使用するデジタルシステムを完全にコントロールし、自信を持ち、旅行者のエンゲージメントをエンドトゥエンドでシームレスに管理できるようにすべきだと考えています。正直に言うと、航空会社やホテルのIT環境は複雑です。より多くのベンダーを統合することは、この問題をさらに悪化させます。今こそ、単一のプロバイダーでシンプルにする時なのです。

正しいソリューションのパッキングが必要です

ロイヤルティの魔力→

ロイヤルティマーケターに任せてください。Cheetah Loyaltyは、マーケターが、ゲストのインタラクションやデータを実用的な瞬間に変換することで、顧客との関係を維持し、深めることを可能にします。旅行会社やホスピタリティブランドは、意味のあるパーソナライズされた体験を会員に提供することができます。単なるポイントや割引ではなく、旅行者が何度も足を運ぶような感情的なロイヤルティを構築することができます。

Engagement Data Platform→

当社のEngagement Data Platform(EDP)は、すべての顧客データを1つのダッシュボードに集約することで、信頼できる唯一のデータソースを作り出します。単一の顧客ビューを持つことで、顧客をよりよく知り、顧客に合わせた体験を提供することができます。高度な機械学習、意思決定機能、および次世代のオファー管理ツールにより、カスタマージャーニー全体を通じてリアルタイムで各旅行者に「次の最適なアクション」を提供することができます。

Cheetah Experiences & Messaging →

あなたのブランドへの支出を検討している人々とのD2Cの関係とコミュニケーションをコントロールしましょう。クイズ、投票、懸賞、コンテストなどのCheetah Experiencesを使って、顧客の嗜好を素早く理解し、明確な価値交換を行います。Cheetah Messagingを使用すると、企業はすべてのチャネルで、信じられないほど大量のメッセージを送信したり、毎日数百万件の記録をもとに複雑なデータ操作を行うことができます。

Cheetah Digitalを信頼する旅行・ホスピタリティブランド

お問い合わせはこちら

ご質問にお答えし、旅行・ホスピタリティのマーケターがライフサイクル全体にわたってお客様に真の価値を提供できるよう、当社のソリューションがどのように役立つのかをご説明いたします。

CheetahDigitalのCES

旅行・ホスピタリティのマーケターに最適なCustomer Engagement Suiteの詳細をご覧ください。

顧客との価値交換

マーケティング・エンゲージメントの中核となる実践は、データ収集です。 消費者が魅力的な体験を通じて独自の価値交換を行うことで、消費者は自分自身や自分の関心事に関する情報をブランドと直接共有することができるようになります。 このゼロパーティデータの収集こそが、ブランドが消費者との双方向の価値交換を促進することを可能にするのです

リテンションマーケティング

デジタルファーストの変革によって消費者の期待が変化しているにもかかわらず、マーケティング担当者が新規顧客の獲得が容易であると感じる一方で、顧客の維持は依然として大きな課題となっています。 ある調査1では、70%のブランドが、新規顧客を獲得するよりも既存顧客を維持する方が安上がりであることを知っています。 しかし、44%は依然として、顧客維持よりも顧客獲得を優先しています。 この課題は、COVID-19によってもたらされたシフトによってさらに深刻化し、ブランドは市場投入までの時間を犠牲にすることなく、顧客とのつながり方を変え、パーソナライズされた体験を提供することを余儀なくされているのです。

リアルタイムマーケティング

ここ数年、現代のマーケティング担当者は、リアルタイムの消費者インタラクションやその消費者の期待の変化を察知し、これまでとは異なるマーケティングアプローチを必要としています。 簡単に言えば、リアルタイムマーケティングはもはや簡単なマーケティング戦略ではなく、ガートナー社が指摘するように、マーケティング担当者はいまだにリアルタイムの顧客エンゲージメントを管理することに苦労しているのです。

大規模なメッセージ配信

この急速なデジタル変革の時代において、マーケティング担当者は、顧客や見込み客に対するブランドメッセージの拡張に、より多くの時間を割いています。 Eメールは引き続きメッセージングの中核であり、商取引や消費者ブランドは1ドル使うごとに45ドルのリターンを得ています。 1 SMSは、98%という高い開封率により、メールプログラムを補完する役割を担っています。 2 消費者のモバイルでの購買意欲は高まり続けており、その結果、マーケティングプログラムにおけるEメールやSMSの導入は、マーケティング担当者の成功を加速させています。

膨大な顧客のロイヤルティ醸成

現代の消費者は、もはや1つのブランドに縛られることなく、チャネル、デバイス、サイトを飛び回りながら、ノンリニアな方法で買い物をすることが多くなっています。 このような状況の中で、ロイヤリティ・プログラムはほとんど変化していません。 従来のロイヤリティ・プログラムは、時代遅れの特典やロイヤリティ・イニシアチブ、交換戦略などに依存していました。 このハードルを解決するために、企業はリアルタイムのインタラクションや顧客情報を活用し、持続的な顧客関係を構築するダイナミックなロイヤルティ戦略やプログラムを消費者向けに作成する必要があります。

インテリジェント・マーケティング

過去10年間、無数のマーケティングツールが、大規模なハイパーパーソナライゼーションの実現という課題に取り組もうとしてきました。 マーケティングの手動介入なしにマスカスタマイゼーションを実現できるソリューションは非常に少ない。 自動化されたパーソナライゼーション戦略を提供することで、顧客を識別し、顧客の行動を予測するための手作業をなくすことができます。
Scroll to Top