飲食店向けソリューションのメニュー

1年間以上にもわたって、レストランは並外れた困難を乗り越え、偉業を成し遂げてきました。今までにないスピードでオンライン注文やピックアップのプロセスを整えました。メニューを持ち帰り客にも使いやすいものに変えました。消費者にとっての “普通の食事” は大きく変わりました。今こそ、デジタル・トランスフォーメーションを取り入れる時期です。

Cheetah DigitalのCustomer Engagement Suite (CES)は、飲食業界のマーケターが、自動化され、かつ高度にパーソナライズされた顧客体験を簡単に作成できる、エンタープライズ規模の最善のソリューションです。顧客の来店や頻度、消費額を向上させます。数々の賞を受賞している当社のプラットフォームは、統一されたデータ、インテリジェントなオファー、オムニチャネルメッセージング、次世代ロイヤリティなど、必要な要素がすべてを含まれたビュッフェのようです。市場で最もパワフルで柔軟性の高いプラットフォームで、ゲストの要望に応えていきましょう。

レストラン革命: レストラン業界のDX戦略

マーケティングのDX化により店舗外の売上を伸ばす方法を2つの事例と共にご紹介しております。

飲食業界の悩みの種

IT部門との連携に時間がかかる→

柔軟に利用できるソリューションのアーキテクチャにより、リアルタイムでパーソナライズされた顧客体験を迅速かつ簡単に作成できます。 IT部門の関与やコーディングの経験は必要ありません。Check, please!

接点の多様化で、顧客の「注文したい瞬間」が多岐にわたる→

顧客ののカスタマージャーニーはもはや直線コースではありません。様々なデバイスで複数のチャネルを利用しているにもかかわらず、顧客は同じ人と認識してコミュニケーションをとることを期待しています。すべてのチャネルとタッチポイントでリアルタイムに1対1のインタラクションを編成することで、ゲストは「聞いてもらえている」「愛されている」「尊重されている」と感じるようになります。

利用しなければならないツールが多すぎる→

率直に言って、より多くのベンダーを統合したい人はいないでしょう。Cheetahのネイティブに統合されたプラットフォームを使えば、ゲスト・エンゲージメントをエンドトゥエンドでシームレスに管理できます。すべて単一のプロバイダーからです。 サイロ、断片的なデータ、重複したコストを排除します。

すべての解決法を含む適切なソリューション

統合された実行可能なデータ→

データを統合することと、それを実用化することは別の問題です。当社のEngagement Data Platform(EDP)は、比類ないパワーと柔軟性を備えた最新のデータ・アーキテクチャー上に構築されており、すべてのデータを統合して顧客の360°ビューを実現するだけでなく、それらのインサイトを大規模かつリアルタイムに活用することができます。

インテリジェントなオファー→

顧客が期待するようなパーソナライズされた体験を提供します。当社の高度な機械学習と意思決定機能、そして次世代のオファー管理ツールは、カスタマージャーニー全体を通じて、各顧客に「次の最適なアクション」をリアルタイムで提供することができます。単なるポイントや割引を超えて、ゲストが何度も足を運ぶような感情的なロイヤリティを構築します。

動的なオムニチャネルメッセージング→

すべてのデジタルタッチポイントにわたってシームレスに流れる、高度にパーソナライズされたコンテクストのあるコミュニケーションをデザインすることで、顧客のニーズに応えます。

Cheetah Digitalを信頼するレストラン

お問い合わせはこちら

ご質問にお答えし、レストランのマーケターがライフサイクル全体にわたってお客様に真の価値を提供できるよう、当社のソリューションがどのように役立つのかをご説明いたします。

CheetahDigitalのCES

飲食業界のマーケターに最適なCustomer Engagement Suiteの詳細をご覧ください。

顧客との価値交換

マーケティング・エンゲージメントの中核となる実践は、データ収集です。 消費者が魅力的な体験を通じて独自の価値交換を行うことで、消費者は自分自身や自分の関心事に関する情報をブランドと直接共有することができるようになります。 このゼロパーティデータの収集こそが、ブランドが消費者との双方向の価値交換を促進することを可能にするのです

リテンションマーケティング

デジタルファーストの変革によって消費者の期待が変化しているにもかかわらず、マーケティング担当者が新規顧客の獲得が容易であると感じる一方で、顧客の維持は依然として大きな課題となっています。 ある調査1では、70%のブランドが、新規顧客を獲得するよりも既存顧客を維持する方が安上がりであることを知っています。 しかし、44%は依然として、顧客維持よりも顧客獲得を優先しています。 この課題は、COVID-19によってもたらされたシフトによってさらに深刻化し、ブランドは市場投入までの時間を犠牲にすることなく、顧客とのつながり方を変え、パーソナライズされた体験を提供することを余儀なくされているのです。

リアルタイムマーケティング

ここ数年、現代のマーケティング担当者は、リアルタイムの消費者インタラクションやその消費者の期待の変化を察知し、これまでとは異なるマーケティングアプローチを必要としています。 簡単に言えば、リアルタイムマーケティングはもはや簡単なマーケティング戦略ではなく、ガートナー社が指摘するように、マーケティング担当者はいまだにリアルタイムの顧客エンゲージメントを管理することに苦労しているのです。

大規模なメッセージ配信

この急速なデジタル変革の時代において、マーケティング担当者は、顧客や見込み客に対するブランドメッセージの拡張に、より多くの時間を割いています。 Eメールは引き続きメッセージングの中核であり、商取引や消費者ブランドは1ドル使うごとに45ドルのリターンを得ています。 1 SMSは、98%という高い開封率により、メールプログラムを補完する役割を担っています。 2 消費者のモバイルでの購買意欲は高まり続けており、その結果、マーケティングプログラムにおけるEメールやSMSの導入は、マーケティング担当者の成功を加速させています。

膨大な顧客のロイヤルティ醸成

現代の消費者は、もはや1つのブランドに縛られることなく、チャネル、デバイス、サイトを飛び回りながら、ノンリニアな方法で買い物をすることが多くなっています。 このような状況の中で、ロイヤリティ・プログラムはほとんど変化していません。 従来のロイヤリティ・プログラムは、時代遅れの特典やロイヤリティ・イニシアチブ、交換戦略などに依存していました。 このハードルを解決するために、企業はリアルタイムのインタラクションや顧客情報を活用し、持続的な顧客関係を構築するダイナミックなロイヤルティ戦略やプログラムを消費者向けに作成する必要があります。

インテリジェント・マーケティング

過去10年間、無数のマーケティングツールが、大規模なハイパーパーソナライゼーションの実現という課題に取り組もうとしてきました。 マーケティングの手動介入なしにマスカスタマイゼーションを実現できるソリューションは非常に少ない。 自動化されたパーソナライゼーション戦略を提供することで、顧客を識別し、顧客の行動を予測するための手作業をなくすことができます。
Scroll to Top