機能

Eメールマーケティング

消費者の需要は常に変化します。適切な技術を使用することで、現代のマーケターはEメールマーケティング戦略を確かなものにし、実行を持続することが必要です。
tab image

現代マーケターのために構築された、拡張性を備えたメール配信機能

20年以上の実績を誇る業界の専門知識により、Cheetah Digitalは顧客に最も関連性のあるタイムリーなインタラクションの構築を通し、何千ものエンタープライズマーケターが多様なオーディエンスとつながるためのお手伝いをしてきました。当社は、マーケターがいつでも持続可能な方法で斬新なデジタル体験を顧客に提供しできるようにする、進歩的なツール、イノベーション、および連携のとれたサービスを提供します。

ブランドと顧客の保護

Eメールマーケティングを成功させるには、セキュリティ、プライバシー、および配信規模について特別な配慮が必要になります。当社は、ブランドがグローバルステージでキャンペーンを始動できるようにし、厳格なデータと規制コンプライアンスを提供し、ブランド体験を革新する際のリスク回避を支援します。

使いやすさ

一括大量配信メール、バッチメール、トリガーメール、トランザクションメールなどのいずれの配信タイプであっても、Cheetah Messagingソリューションは、作業チーム、パートナー、およびプロセスに柔軟に対応します。

マーケティングを加速させる

キャンペーンを再利用および複製する機能は、メッセージ配信の生産規模を拡大するための鍵です。当社のコンテンツ管理、オーディエンス管理、パーソナライゼーション、およびテスト機能により、マーケターはリソースやコストを追加せずに、スケーラブルかつ持続可能なプログラムを構築することができます。

より優れた連携

メールは、ソリューションスイートの1つの機能にすぎません。すべてのCheetah Digitalソリューションはネイティブに統合されており、マーケターは、メール、ソーシャル、モバイルウォレット、SMS、MMS、POSなど、あらゆるチャネルでロイヤルティと体験を拡張することができます。
tab image

既存のCRMでオーディエンスを生成

既存のCRMシステムの価値を理解し、シームレスな統合を実現します。また、スケジュールされた、あるいはトリガーされたメールを、顧客に迅速かつ確実に配信できるようにします。

合理化されたワークフロー

ユーザーが所有するCRMシステムと、信頼性のある統合を実現します。これにより、キャンペーン用のファイルがシームレスかつ迅速にシステムにインポートされ、多忙なマーケターがキャンペーンのワークロードを簡単に管理し、結果を測定することができます。

簡潔なプロセス

メールマーケティング機能は、できる限り使いやすく設計されています。Cheetah Messagingテクノロジーにより、再利用可能な資産を使用して、タイムリーかつ面倒のない方法でオーディエンスにメッセージを配信できます。

すぐに使用できるレポート

Cheetah Digitalのプラットフォームを使用することで、レポートとダッシュボードのライブラリにアクセスし、Eメールマーケティングのパフォーマンスやインサイトについてより理解を深め、次のキャンペーンを効果的に実行することができます。

CRM対応

マーケターが導入している既存のCRMシステムには価値があり、そこからの移行は混乱を招くことになりかねません。Cheetah Digitalのソリューションはすべて、キャンペーン対応ファイルとシームレスに連携するように設計されています。
mt100
mbn

あなたのようなブランドが、様々なメッセージ配信によって持続可能な顧客体験を創出できるよう支援します。その方法をぜひお問合せください。

0
セキュリティ

信頼性できる、安全なメールテクノロジー

顧客は、自分が好きなブランドが重要な情報を保護してくれると信じています。Cheetah Digitalでは、ベストプラクティスのアプリケーションセキュリティプロトコル、厳格なデータガバナンスへの準拠、転送中および保存中のデータ暗号化、および継続的なセキュリティの監視と強化によって、データを保護します。またSOC 2 Type 2およびEU General Data Protection Regulation(GDPR)に準拠しています。

CHEETAH MESSAGING

適切なEメールマーケティングを

メールは、私たちの生活全般に溶け込んでおり、学習、買い物、共有、連携に役立っています。しかし、メールはCheetah Digitalが扱う1つのコミュニケーションチャネルにすぎません。Cheetah Messagingにより、マーケターは、デバイス、時間、場所、優先通信チャネルなどに基づいて顧客とのインタラクションを最適化できます。